家政婦がこっそり見たドラマや映画のあらすじやネタバレなどの情報をレポートとして提出します!家政婦は見た!

家政婦は見た-ドラマネタバレ-

ネタバレ

【スカーレット】128話ネタバレ・あらすじ・感想

投稿日:2020年3月3日 更新日:

【スカーレット】128話ネタバレ・あらすじ・感想

朝ドラ「スカーレット」の128話のネタバレや感想、あらすじを紹介していきたいと思います。
第22週は「いとおしい時間」として、再び喜美子たちの話がメインになってきます。

127話では、喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)を挟んで八郎(松下洸平)との新たな関係を築こうとしていた。
三人で食事もする穏やかな毎日。ある日、信作(林遣都)から観光客向けの陶芸教室の開催を頼まれる喜美子。

ほかの教室が急にできなくなり、代わりに頼まれたのだ。
信作は内心、陶芸家として活躍する喜美子にお願いするのは申し訳ないと思っているが、喜美子は意外な反応。

一方、武志は心ひかれた亜鉛結晶の作品作りに挑戦する・・・という感じでした。

128話ではどのような展開になっていったのか紹介していきたいと思います。




【スカーレット】128話あらすじ

信作(林遣都)に頼まれた観光客向け陶芸教室のため、喜美子(戸田恵梨香)は事前に見本を作るなど準備をして備える。

当日、照子(大島優子)が手伝いに駆けつける。
照子から敏春(本田大輔)に関する悩みを打ち明けられる。

やがて始める時間となるが、いつまでたっても誰も来ない。
喜美子も信作も内心落ち込むが思いがけない展開に。

一方、亜鉛結晶の作品に挑戦する武志(伊藤健太郎)。
事務員の真奈(松田るか)からお願いが…。

【スカーレット】128話登場人物

戸田恵梨香 、大島優子 、林遣都 、伊藤健太郎 、本田大輔

作:水橋文美江

【スカーレット】128話ネタバレ

些細なことですが喜美子がバックから飴玉。
すっかり関西のおばちゃんのようですね。

でもあの緊張する病院で、そういった行動、気配りが優しいと思いました。
そして明日、いよいよ稲垣吾郎さんの登場ですね。

感想1

神山さんを拝見すると旦那は弟子と不倫して逃げ、女流陶芸家として男社会の荒波の中で揉まれ、白血病の息子のために骨髄バンク創設するとかそんな半生を過ごしてきたとはとは想像もつかない普通のおばちゃんでした。

あんな来歴を見たらそこに話題性のある配役をするだけでドラマが完成したと勘違いしちゃいますわなあ。

感想2

あの後輩に人を敬えという言葉は、本当に今までの粗筋を全部消しても良い言葉でした。
脚本家が全く信楽焼のことやそこで働いている人達を敬っていないのが分かったのですから。

まさか朝ドラで使ってやっているなんて思ってないよね。
数か月たつのに関東の人間は滋賀に海がないのも知らなかったし琵琶湖は飛行機を飛ばすところとしか認識がないよ。

他の番組で見たがあんなに大きい湖だとは知らなかったよ。
謝れ滋賀の人に狸に。

感想3

信作は先週百合子に痴話喧嘩を仕掛けて情けなかったけど、今日はまるで別人の様にマトモなことを宣ってた。

いつも健気で優しい百合子をもっと敬わないとアカンで。

感想4

今日は、人を敬うことを教える信作と、それを見て微笑む喜美子などのシーンもあり、地味ながら良い回でした。

明日からは、いよいよ武志のことが心配な展開か。

【スカーレット】128話まとめ

いよいよ明日の129話から稲垣吾郎さんが出演されますね。
そして、武志の病気の事など、色々な事が動き出しますが、いったい何処まで描かれるのか・・・。

もうスカーレットは今月で終わりですし、そこまでしっかりとは描かれないような気もしますが・・・。
これからの展開を楽しみにしましょう。

【スカーレット】第22週あらすじ「いとおしい時間」

喜美子(戸田恵梨香)は信作(林遣都)から頼まれて観光客向けの陶芸教室を開くことになる。
武志(伊藤健太郎)は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦することに。

うまくいけば雪を降らせたような仕上がりになるはずだ。
そんな折、喜美子は、照子(大島優子)が敏春(本田大輔)のことで病院にいくのに付き合い、医師の大崎(稲垣吾郎)を見かける。

陶芸教室のあと、喜美子は初心者に陶芸に親しんでもらうことにやりがいを感じ、子どもを含めた地元の人たちに楽しんでもらおうと考える。
喜美子は改めて、陶芸教室を自分で企画し、八郎(松下洸平)にうきうきと計画を話す。

一方、亜鉛結晶を使った作品は無事完成。
陶芸の次世代展に応募した武志は、体調に不安を感じる。

人づてに聞いた喜美子は心配するが、武志は受けつけない。
ある日、武志から大きな病院での検査の必要があると聞かされる。

武志の前では不安を押し殺す喜美子。
二人で訪れると、担当はあの大崎医師だった。

検査を受け、武志が命にかかわる病気にかかっているとわかる。
大崎は親身な言葉をかけるが、喜美子は容易に受け止められず、武志に病名告知をするか悩む。

いつもどおりに振る舞おうとする喜美子だがついに照子の前で…。

 
←【スカーレット】127話のネタバレはコチラから

 

【スカーレット】129話のネタバレはコチラから→

 
【関連記事】

【捨ててよ、安達さん。】ネタバレとあらすじと感想・最終回まで

【LINEの答えあわせ】ネタバレとあらすじと感想・最終回まで

【シロクロ】ネタバレ!最終回でミスパンダはどうなる?結末まで公開

映画「三度目の殺人」あらすじネタバレ!物語に出てくる器とはどのような意味なのか考察!

  • この記事を書いた人
アバター

石崎秋子

私、見ました・・・。家政婦。1936年生まれ。千葉県の九十九里浜出身。子どもを事故で亡くした後、夫が浮気をするようになり、離婚。 日当5800円の家政婦で生計をたてるようになりました。 他人の家の秘密やドラマを覗き見る事が大好きで、それが長年家政婦を続けている理由の一つでございます。

-ネタバレ
-

Copyright© 家政婦は見た-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.