家政婦がこっそり見たドラマや映画のあらすじやネタバレなどの情報をレポートとして提出します!家政婦は見た!

家政婦は見た-ドラマネタバレ-

ネタバレ

【閉じ込めた吐息】ネタバレとあらすじとキャスト

投稿日:2020年2月19日 更新日:

【閉じ込めた吐息】ネタバレとあらすじとキャスト

井上真央さん主演の映画「閉じ込めた吐息」のネタバレとあらすじとキャスト情報を紹介したいと思います。

この映画は2020年3月から撮影が開始される映画で、ロケ地は愛知県刈谷市を中心として撮影されるそうです。

監督を務めるのが杉田真一さんです。

杉田監督は、映画長編デビュー作「人の望みの喜びよ」(2015年)で第64回ベルリン国際映画祭にてスペシャルメンション(準グランプリ)を受賞、「光り輝く宝物のような映画」と評され、「第42回 Festival Sesc Melhores Film」「第10回 Tel Aviv International Children’s Film Festival」など、ブラジル、イスラエル、UAE、イギリスと世界的に評価されているそうです。




【閉じ込めた吐息】あらすじ

“娘”と“母”であるからこその伝えられない感情の複雑さを繊細に描く。

※詳細は後日記載

【閉じ込めた吐息】杉田真一監督のコメント

本作主人公の夕子に、井上真央さんの息を吹き込んでいただけることとなりました。
オリジナル脚本として描いた夕子が、ようやく体温を持つんだなぁ、生き始めるんだなぁと思うと、今から楽しみで仕方がありません。

井上真央さんでしか表現出来ないであろう繊細さと強さ。
そのあいだで揺らぐ言葉にならない“思い”を、こぼしてしまわない様に、そっと掬い取れればと考えています。

白や黒のはっきりしたコントラストだけでは描けない、そんな豊かで美しい灰色の映画になればと思っています。

主演夕子役:井上真央のこれまで

井上真央(いのうえ まお)は1987年1月9日生まれで神奈川県横浜市出身。
4歳の時、母親の薦めで劇団東俳に入り、5歳から子役としてキャリアを開始する。

デビュー作は1992年の『真夏の刑事』(テレビ朝日)で、パトカーにはねられて死んでしまう子供の役だった。
以降、『藏』(NHK)で松たか子の幼少時代や「三井のリハウス」のCMで池脇千鶴の妹役を演じるなど、多くのドラマやCMに出演する。1999年から2003年にかけて昼ドラ『キッズ・ウォー』(CBC)シリーズに出演。正義感溢れる少女・今井茜を演じて注目を集めた。

明治大学文学部卒業。学位は学士(文学)。
大学に行こうと思ったきっかけは、子役時代に共演した檀ふみに「学業は芝居の邪魔にならない」と言われたことだと語っている。大学の卒論テーマは尊敬する杉村春子である。

趣味はドライブ、特技は日本舞踊。
文字や手紙を書くことが好きで、宝物も手紙である。『おひさま』の劇中で主人公・陽子が書く文字や手紙も全て演じている本人の直筆である。
また、本人曰く「ドラマの中の手紙を書くシーンのおかげ」で、最も万年筆が似合う著名人を選出する「第8回万年筆ベストコーディネイト賞2011」の「一般選出部門」を受賞した。

幼稚園児のころからテレビの前に座っていたドラマっ子であり、フジテレビ月9ドラマでは『空から降る一億の星』が好きだったと語っている。
小学生時代に当時60代の女性から初めてのファンレターをもらい、その女性の「大人になっても時代劇に出てほしい」という希望を汲んで、2014年4月現在、ピアスホールは開けていない。

ドラマ『花より男子』と『週刊ザテレビジョン』による企画として、2005年12月9日号(11月30日発売号)の表紙に掲載された直筆サイン入りレプリカレモンがYahoo! JAPANチャリティーオークションに出品された(2005年12月2日 - 12月9日)。

映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』で演じた役“繭”名義でアメブロに期間限定でブログを開設(2009年9月18日 - 2010年9月10日)。
アメブロに期間限定で井上真央オフィシャルブログを開設(2011年12月27日 - 2013年5月15日)。
映画『綱引いちゃった!』の舞台となった大分市の観光特使に就任(2012年9月30日)。

【閉じ込めた吐息】ネタバレ

※詳細は後日記載。

映画の撮影がこれから行われる作品なので、公開日は2021年か2022年頃になると思われます。

 
【関連記事】

映画「三度目の殺人」あらすじネタバレ!物語に出てくる器とはどのような意味なのか考察!

「死役所」ハヤシやシ村の過去とカニすべからくの人生、加護の会まで全てのネタバレを公開!

「ひとりキャンプで食って寝る」1話から7話のあらすじネタバレを家政婦は見た!ロケ地にも出没!?

「チーム・バチスタの栄光」のドラマ・映画の犯人ネタバレ!シリーズの動画を全話楽しもう!

  • この記事を書いた人
アバター

石崎秋子

私、見ました・・・。家政婦。1936年生まれ。千葉県の九十九里浜出身。子どもを事故で亡くした後、夫が浮気をするようになり、離婚。 日当5800円の家政婦で生計をたてるようになりました。 他人の家の秘密やドラマを覗き見る事が大好きで、それが長年家政婦を続けている理由の一つでございます。

-ネタバレ
-

Copyright© 家政婦は見た-ドラマネタバレ- , 2020 All Rights Reserved.